浄土宗 清光寺

江戸川区 東葛西
 03-3680-6651
お問い合わせ

浄土宗・法然上人について

浄土宗とは

宗祖 

法然上人(1133-1212)

 

開宗

承安5年(1175)

 

本尊 

阿弥陀仏(阿弥陀如来)

 

教え 

阿弥陀仏の平等のお慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏」とみ名をとなえて、人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかな毎日を送り、お浄土に生まれることを願うおしえです。

 

お経

お釈迦さまがお説きになった『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の三部経をよりどころとします。

                                 ー浄土宗宗務庁より引用ー

 4045D1E4-925E-4A91-906D-3FFF329E37E0.jpeg

 

法然上人とは

 1133年(長承2)、美作国(現・岡山県)のお生まれ。幼名勢至丸。9歳のとき、近くの豪族の夜襲により父・漆間時国公を亡くしますが、瀕死の父からの「仇討ちは仇討ちを招く。出家し、私の菩提を弔い、自らもさとりを求めよ」との遺言にしたがって出家し、仏道を志します。長年比叡山に学びますが、高度な学問、厳しい修行が求められる教えは万人向けではないと、誰もが救われる教えを求めて隠遁生活に入り、ひたすら経典をひもとく日々を送りました。

 比叡山に登って30年の月日が流れた1175年(承安5)、上人43歳のとき「南無阿弥陀仏と心からとなえる者をひとり残らず極楽へ迎える」という、阿弥陀仏の教えに確信を得て浄土宗を開宗され、東山吉水の地(現在の総本山知恩院の地)に庵を構えてお念仏の教えを説き弘めました。上人は1212年(建暦2)1月25日、80歳で入滅されましたが、その教えは弟子たちによって脈々と伝えられ、850年が経とうとしています。         

       ー浄土宗宗務庁より引用ー

2020.10.23 Friday